FXの取引は超簡単、でもどうやったらいいのかわからない。そんな方へ、このサイトでは、初心者向けにFXの始め方を懇切丁寧に説明しています。

FX会社の選び方

FX会社の選び方

FXをやるときに、まずしなければいけないことは、FX業者に口座を開設することです。

外貨預金は、どの銀行でもさほどかわりませんが、FX会社は会社によってスプレッドの金額や、情報量、サービスが異なります。

口座の開設は無料ですのでいくつも作っても構わないのですが、まずは2〜3社に口座開設することをおすすめします。

数社使うことで、リスク分散もできますし、自分に合う合わないを見極めることもできます。もちろん、実際に取引してみて、使いにくかったら使わないというのもアリです(その際は連絡など必要ありません。)

百聞は一見にしかず!口座開設はとても簡単で、最近では最短1日で開設できるFX会社もあります。

それでは、FX会社の選び方、ポイントをご説明します。

1000通貨から取引ができる

まず、1000通貨の取引ができる業者を1社選び、口座を開設しましょう。

おすすめは、FXプライム外為ジャパンマネーパートナーズです。

実は、1000通貨以上から取引できるFX会社は数社しかありません。ほとんどの会社が10,000通貨以上からの取引です。

1000通貨で取引するということは、3,000円程の投資(但し初回入金は1万円以上の所が多い)ですみますし、最悪ロスカットになっても2,500円程の損失ですむので、初心者の練習に最適です。
つまり、10,000通貨の取引は、投資額も損益も1000通貨の10倍になります。

たとえば今のユーロの動きで考えてみましょう。
1円の変動が合った場合、

10,000通貨取引の場合:約30,000円の証拠金が必要で、約15,000円の損益
1000通貨取引の場合:約3,000円の証拠金が必要で、約1500円の損益

たとえば、1000通貨で10ロットトレードすると、10,000通貨になるわけですが、売買のタイミングを10回に分けることができるので、リスク分散できて、初心者には好都合です。

1000通貨取引からできるFX会社は口座を作っておいて損はありません。

情報が豊富かどうか

情報が豊富なFX会社は1社は持っておきましょう。

オススメは、FXプライムマネーパートナーズです。

世界経済の動向、チャートの見方、など初心者向けのセミナーの開催やオンラインセミナーもある会社がおすすめです。

良い専門家がついているどうか、情報の豊富さも重要ですが、その情報を誰が発信しているかはさらにポイントです。

FXの情報の出元として、やはり信頼できるのはFX会社に属している専門アナリストの客観的な意見だと思います。企業に属しているというのがポイントです。

彼らは、サラリーマンなので、相場予想の際に、当てなければならないというプレッシャーがあまりありません。当たらなくてもお給料がもらえるのですからね。でも、そのような環境で活躍しているということが相場予想にはとても重要なことだと思います。
為替相場は、人間の欲望と経済状況が織りなす複雑なものなので、できるだけ私情を挟まず、客観的に見ることが必要だからです。彼らにはそれができます。そして、その道のプロがひっぱられてきていることが多いので相場を読むスキルは高く、経験も豊富です。
個人で活躍しているアナリストは、やはり自力で儲けないといけないプレッシャーを抱えているので、予想にも私情が入って結果的に大はずれしてしまうというパターンも多々あるように思います。

スキルの高いアナリストを抱えているFX会社を使うのは、儲かるためには必要です。

スプレッドが少ない

スプレッドの少ないFX会社は是非1社口座開設しておきましょう。

オススメは、DMM FX?です。

少額の取引のときは、スプレッド(手数料)はあまり気にしなくて良いですが、高額になってきたり、取引回数が増えてくると、気にしなければいけないポイントです。

たとえば、米ドル円で、10万通貨の取引を10回した場合、

 FX会社A(スプレッド0.01円):100,000×0.010×10回= 10,000円の手数料
 FX会社B(スプレッド0.005円):100,000×0.005×10回= 5,000円の手数料

10回の取引で、これだけの金額差が出ます。
半年、1年、10年という長い期間で考えると、莫大な金額の差になってきます。
FX取引をする上で、少ないスプレッドにこだわることは利益に直結します。

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional